順天堂大学周辺の水路

ジェットスキー ツーリング 写真 ジェットスキー ツーリング 写真

JRの水道橋駅を後にして、ジェットスキーツーリングはどんどん
都心の水路を進んでいきます。

それ程潮が引いている時間ではないため、浅瀬に神経質にならなく
て済むのがよいところ。

近くには、都立工芸高等学校や東京都教職員研修センター、昭和第
一高等学校、学校法人東商学園東洋高等学校など、教育関係の機関
がたくさんあります。

そんな水路を進んでいると、突如左側に見える謎の水路。

洞窟のようになっていて、近くを通ると何となくゾクゾクし、さら
に入って行ってみたい衝動にも駆られますが、どこかに吸い込まれ
てしまいそうで、怖くて近付けませんでした。

多分何かの取水所のような建造物だと思うのですが、特に危険を知
らせる看板などもなく、謎のままです。

ここには数回来たことがありますが、来るたびにとても気になる場
所となっています。

順天堂大学周辺の水路

ジェットスキー ツーリング 写真 ジェットスキー ツーリング 写真

さらに進んで行くと、ますます両岸の護岸が高くなり、木々が覆い
茂っているような場所もあります。

コンクリートジャングルの東京都心も、高いビルから見渡すと、意
外にも皇居を始めとして、上野など緑の部分が多く、意識的に緑を
取り入れようとしている様子がよく分かります。

ですから、水辺にも緑を多く配し、都心の空気と景観を浄化しよう
としているようです。

順天堂大学周辺の水路

ジェットスキー ツーリング 写真 ジェットスキー ツーリング 写真

左側に見える大きなビルの群れは、順天堂大学の敷地にある建物や
順天堂大順天堂医院などの超有名な大学や病院。

その外側にある護岸に生えている雑草や、枯れた植栽などの樹木を
キレイにしている作業員の方達がいて、冬の弱い日差しの中、一生
懸命掃除をしていました。

右側の高い護岸の上には、中央線の線路が走り、電車が通っている
様子を見ることができます。

水路の幅が狭くなったり、広くなったりを繰り返しながら、いよい
よ、JRの御茶ノ水駅が近付いてきました。

▲ページトップに戻る