茅場町駅(かやばちょうえき)⇒東京証券取引所

ジェットスキー ツーリング 写真 ジェットスキー ツーリング 写真

やはり都心のコインパーキングは高額で、平日24間の上限が何と
3,000円と、田舎に住んでいる私からすればありえない金額。

やはり東京都心に住むのは、お金もパワーも必要だとしみじみ感じ
るところです。

さて、ジェットスキーは、日本橋水門管理・水門監視所の前を通り
過ぎて、頭上に覆いかぶさるように見えてきたのは、首都高速6号
向島線の高架部分。

ここを右に行ってしまうと、元の隅田川に戻ってしまうため、冷静
に左へ曲がっていきます。

茅場町駅(かやばちょうえき)⇒東京証券取引所

ジェットスキー ツーリング 写真 ジェットスキー ツーリング 写真

右を見ると、隅田川に繋が水路が見え、その水路に背を向けて航行
を続けていきます。

首都高速道路の橋脚が水中に立ち並び、屋根のように高架部分が頭
上にあるため、「今ここで大地震が起これば終わりだな・・・」な
どと不吉なことを考えながら静々と進んでいきます。

水の色はさほど汚い訳ではなく、やや緑がかった色をしていて、当
然のように塩分濃度はかなり濃い状態で、海が近いということを感
じさせてくれます。

茅場町駅(かやばちょうえき)⇒東京証券取引所

ジェットスキー ツーリング 写真 ジェットスキー ツーリング 写真

さらに航行を続け、目の前に首都高速の江戸橋ジャンクションの姿
が見えると思っていると、その脇にどこかで見たことのある看板が。

よくよく見てみると、テレビなどでお馴染みの、東京証券取引所の
表看板ではないですか!

予期せぬ有名建造物の出現に、慌ててデジカメのシャッターを切り
そうか、いよいよ日本橋界隈まで来たのね、と感慨にふけります。

「兜」町にある「鎧」橋という名前の橋、さすが金融戦乱の街にふ
さわしいネーミングコンビで、この橋の上を様々な想いを持った人
達が通り過ぎたのだろうと思いながら、ゆっくりと下をくぐり抜け
ていきます。

有名な企業や施設を水面から眺めながらの、興味深い東京湾水路ク
ルーズ(ツーリング)は続きます。

▲ページトップに戻る