竹芝小型船ターミナル脇の水路を散策

ジェットスキー ツーリング 写真 ジェットスキー ツーリング 写真

水路の入り口付近はかなり狭い上に、潮が引いているにも関わらず
頭上高も低く、なんとなく首をすぼめながらゆっくりと進入してい
きます。

さすがに入り口付近は東京湾の大波を受けて水面が荒れていますが、
ちょっと奥に入るだけで、格段に水面が穏やかになりました。

最初に目に飛び込んできたのは、両岸に係留されている多数の屋形
船の姿で、東京湾名物の屋形船の停泊場となっている様子。

竹芝小型船ターミナル脇の水路を散策

ジェットスキー ツーリング 写真 ジェットスキー ツーリング 写真

ここへきて、ようやく心に余裕が生まれたのか、カメラのレンズに
水滴がたくさん付いていることに気付き、レンズを拭いたためか、
写真に水滴の跡が写らなくなりました。

やはり荒れた海面ではカメラのレンズに気を遣う余裕などなく、と
にかくジェットスキーを真っ直ぐに航行させることに気を取られて
しまい、写真もあまり良いものが撮れません。

しかし、大荒れの東京湾からすれば、ここは宇宙空間のように静か
で、何となく水がトロンとした感じさえ受けます。

暑い日だったので、首都高速の都心環状線の影に入り、風はありま
せんが、日陰というだけでかなり涼しく感じます。

ちょうど頭上付近に、首都高速道路の浜崎橋ジャンクションが通っ
ている場所になります。

竹芝小型船ターミナル脇の水路を散策

ジェットスキー ツーリング 写真 ジェットスキー ツーリング 写真

さらに奥に進むと、水路が一段と狭くなり、両岸に屋形船が停泊し
ていることもあって、3m程の幅の水面を、アイドリングスピード
(5km以下)で航行していきます。

基本的には、こんな場所にジェットスキーなど、招かざる客のため、
引き波を立てて屋形船を大きく揺らすようなことをしては絶対にい
けません。

ジェットスキー ツーリング 写真 ジェットスキー ツーリング 写真

潮がかなり引いているため、岸付近の護岸の土台部分が水中によく
見え、意外に水の色はキレイとは言えませんが、やや透明度がある
ようです。

ただ、目をこらしてじっくり見ても、小魚などの姿はなく、やはり
生命感の感じられない水路のようでした。

そんな中、ジェットスキーをアイドリングスピードでゆっくりと航
行させていきます。

海が大荒れなので、水路をのんびり散策するツーリングもたまには
いいのではないかと考えながら、未知のフィールドを探検していき
ます。

▲ページトップに戻る