大場川⇒中川へ航行中

ジェットスキー ツーリング 写真 ジェットスキー ツーリング 写真

準備が完了して、いよいよジェットスキーツーリングの始まりで、
一路東京湾を目指して川を下っていきます。

このマリーナのある、大場川は中川の支流的な存在で、最近はマリ
ーナ前の水底に堆積物が増え、干潮時にかなり浅くなる部分が増え、
船の航行に支障が出るようになり、付近のマリーナと共同で手前部
分を浚渫し、航路を確保したとの事でした。

マリーナを管理するのも楽じゃないなと感じると同時に、海からは
かなり離れているこの場所(完全な淡水域)でも、潮の満ち干きの
影響を受けるなんて、やっぱり海ってスゴイなって思ってしまいま
した。

ジェットスキーに限らず、船舶の事故でも多いのが、浅瀬に船を突
っこませてしまう、いわゆる「乗り上げ事故」。

そのような事故が起こらないように、管理するマリーナ側の苦労に
感謝しながらの出航となりました。

大場川⇒中川へ航行中

ジェットスキー ツーリング 写真 ジェットスキー ツーリング 写真

中川まではスグの距離のため、ジェットスキーのエンジンを暖気し
ながら、アイドリング速度でゆっくりと航行していきます。

お隣のマリーナでは、クレーン車でジェットスキーを吊り上げて水
面に降ろしている様子も見えます。

お天気のいい暖かい休日なので、各マリーナからツーリングに出る
ジェットスキーも多く、東京湾に出るまでにかなりの数のジェット
スキーを見掛けました。

ただ、お天気はいいのですが、風がかなり強い日で、川を航行して
いる時はそれ程影響はないかもしれませんが、海に出ると今日は波
が高く、走りづらいのではないかと思いながら、静々と航行してい
きました。

大場川⇒中川へ航行中

ジェットスキー ツーリング 写真 ジェットスキー ツーリング 写真

橋をくぐり、大場川から中川に出て、水面が広く場所が開けた場所
に出た途端に、かなりの風が吹いているのを感じます。

写真にある通り、水面がかなり荒れていて、風が無いときは鏡のよ
うな水面を普段であれば水鏡を割るような感じで航行できるのです
が、今日はそのような訳にはいかないようです。

アイドリングスピードで航行していても、防水ケースに入れたカメ
ラのレンズ部分に、容赦なく水しぶきがかかり、ちょっと見づらい
写真になってしまう部分もありますが、ご容赦願います。

川がこのような状態なので、海である東京湾はどのような状態にな
っているのか、想像するだけでもなんとなく恐ろしい気もしますが、
天気の良さに救われつつ、少しづつジェットスキーのスピードを上
げて航行していきます。

▲ページトップに戻る